ARTICLES ja of Structured Environment

記事

  • 01 : Learn Japanese approach to compete, letter to New Civil Engineer, London, 16 April 1987,39.
  • 02 : 橋梁設計における工法と形体の関係について, 土木学会年次大会, 東京, 1990, 第一部, 330-331
  • 03 : A parting of way in Japanese and British bridge design, Kyouryou to kso, Tokyo, 1993,99,Aug., 243-270.
  • 04 : Joseph Paxton –prioneer of industrial systematization, Kenchiku Bunka Tokyo, 1995, 50,May, 145-150 (in Japanese).
  • 05 : Reclaiming the design process in bridge design, Journal of Japan Civi Engineering Consultants Association, Tokyo, 1995, 189, Oct., 46-48.
  • 06 : Konrad Wachsmann-joint philosopher, Kenchiku Bunka, Tokyo, 1996, 5,May, 157-160,(in Japanese).
  • 07 : International relations are changing, but there are areas which still need more change, Kenchiku Zassi, Tokyo, 1996,3,Oct.,61,(in Japanese).
  • 08 : Material Man, JA 特集 板茂, 1998, 78-79.
  • 09 : エンジニア天国という夢想と現実、GA Japan 32, 1998.05, p201(インタービュー)
  • 10 : ガラス壁をFBで緊結する、GA Japan 33, 1998.07, 174-178.
  • 11 : モダーンネクスト初動、建築技術、1998.11、20-31.
  • 12 : 構造エンジニアのリ・デザイン、6回を渡る連載記事、GA Japan 36-41, 1999
  • 13 : コンクリートがエンジニアに意味するもの、GA素材空間01、2000.12、146-155.
  • 14 : ガラスをいかに構造として用いるか、GA素材空間02、2001.7、48-57.
  • 15 : ガラスファサード・ヒストリー デイテール150、92-103, 2001.10
  • 16 : Weekend house, JA 37, 28-37, 2000.04
  • 17 : N-House, JA 37, 122-125, 2000.04
  • 18 : Vroom ピュアなリボン、GAJapan 43、84-88, 2000.03
  • 19 : 材料のみならずシステム的にもライトネス実現した建築、建築文化653、34, 2001.6
  • 20 :
  • 21 : Making it morph, Wired, 152-159, 2000.02
  • 22 : 湘南に住むということ、Brutus, 95, 2000.08
  • 23 : 23区内に家を建てられますか?、Brutus, 34-35, 1999.12
  • 24 : Postcard from Tokyo, The Architectural Review, 86-87, 1999.09
  • 25 : 薄く軽やかにパネル化された木構造-ウィークエンドハウス、住宅建築302, 97-102, 2000.5
  • 26 : 裸の王様、建築技術582、59-61、1998.8
  • 27 : バイオリンのような軽い存在、建築技術586、42-43、1998.12
  • 28 : アフリカの夢ゴレのコンペに寄せて、GA 30, ,164-166、1998
  • 29 : 河川の彫刻―橋、河川文化(その5)、日本河川協会、2000.12、57-124
  • 30 : 東京の家、住宅特集、1999.05、41-49
  • 31 : 健全な構造が生む「がらんどう」の美-オレンジ・フラット, 建築文化650, 74-85、2000.12
  • 32 : ガラスファサード・ヒストリー、デイテール 150、92-97、2001.10
  • 33 : ガラスの接合、建築技術、2002.09、162-163
  • 34 : 魅せる力学、建築画法(別冊)2002.02、102-103、132-133、136
  • 35 : 「デザインコンシャス」な集合住宅、Memo男の部屋、2001.11、43-45
  • 36 : 構造家アラカルト、structure no.79、2001.07、76-79
  • 37 : 構造設計における外力と統合力、structure no.82、2002.04、20-23
  • 38 : 構造は自動的に決まる? JIA Bulletin、2002.05、16-17
  • 39 : Making Architecture: Yokohama International Passenger Terminal、新建築、2002.06、80-85
  • 40 : 建築家の発想(外国人シリーズvol.2コラボレータ編)、JIA建築家architects、2002.11、14-15
  • 41 : 薄く軽やかにパネル化された木構造、受託建築、2000.05、97-102
  • 42 : 西所沢の住宅、住宅特集、2001.08、28-37
  • 43 : 指扇の住宅、住宅特集、2001.09、109-113
  • 44 : 保土ヶ谷の住宅2、住宅特集、2001.09、100-107
  • 45 : 保土ヶ谷の住宅2、建築文化、2001.12、98-100
  • 46 : 保土ヶ谷の住宅2、デイテール、2002.04、76-77
  • 47 : House in Kamakura, JA small、2001.07、74-83
  • 48 : 鎌倉の住宅、建築文化、2001.12、94-97
  • 49 : P-Dogs Shop, 建築技術、1998.08、54-61
  • 50 : バイオリンのような軽い存在、建築技術、1998.02、42-43
  • 51 : U+U House、住宅特集、2000.11、36-47
  • 52 : 愛子デンタルクリニックプロジェクト、建築文化、2001.06、34
  • 53 : M歯科医院、新建築、2002.03、122-129
  • 54 : フラットバー+アングルのソリッドなシステムとガラスのボックス、建築文化、2002.04、30-38
  • 55 : 主構造材のキット化とガラス構造、GA Japan、2002.03、112-115
  • 56 : Resort in-habitat、I’m home、2002.09
  • 57 : Undercover Lab、新建築、2002.02、180-185
  • 58 : Y・Sハウス、新建築、2000.02、162-167
  • 59 : 小豆島の住宅、住宅特集、2001.10、50-57
  • 60 : Y・Sハウス、住宅特集、2001.10、162-167、58-59
  • 61 : オレンジフラット2、住宅特集、2001.10、162-167、61
  • 62 : ライカアネックス、日経アーキテクチャー、2002.10.28